口臭治療情報館 >> 口臭治療 >> 口臭の原因

口臭の原因

口臭の原因

朝起きた時の口臭は、極めてくさい臭いになりがちなのです。

口臭の原因には様々なものがあるようですが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する揮発性ガスというものなのです。

年齢を重ねるに従って口腔内の環境が変化するということが、加齢性口臭の主な要因と言えるのです。

また、加齢による免疫力の低下も唾液の分泌を抑制したり、口腔内の細菌を増殖させたりして、口臭の原因となる場合があるのです。

なぜなら睡眠中は、唾液の分泌量が起きているときと比べてとても少くなり細菌が繁殖しやすくなる→食べカスの分解や発酵が進行する、このため寝起きは口臭がきついようです。

揮発性ガスを抑えるためには、唾液の量とお口の衛生状態が特に重要になるようですが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえるのです。

空腹状態になると、血液中にある代謝産物が影響し、口臭が発生するのです。

特に朝食を抜いた場合の昼食前というのは、かなりニオイのきつい口臭が発生してしまうのです。

ですから、昼食前や夕飯前といったお腹が空く時間帯には、おやつを少し食べるなどして、口臭を予防するように心がけるようにしましょう。

一方起きている時でも空腹時にやはり唾液の分泌量が減少し、胃の中で胃液のバランスがくずれたりし、口臭が発生しやすい環境ができあがることになるようです。

実際には口臭が無いのに、本人が気にしすぎるために口臭があると感じてしまう自臭症も、かなりの割合で見られるのです。

最近、中高年の男性などに対して加齢臭という言葉が使われているようですが、口臭にも加齢性口臭という種類があるのです。

加齢性の口臭は、口の中の環境が年齢と共に変化していくことで起こるのです。

この空腹時の現象は、生理的口臭といい誰にでもあてはまるものですので、それほと心配する必要はないのです。

たとえば歯磨きにより、口内をきれいにすれば口臭はかなり防げるようです。

加齢によって唾液の分泌量が減少すると、細菌が洗い流されないまま、口腔内に留まることになるのです。

口腔内に留まった細菌は増殖を起こしてどんどん数を増やしてしまうため、口臭が起こるだけでなく、歯周病や虫歯にもかかりやすくなるのです。

口臭治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯科 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>矯正 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>予防歯科
>岡山 インプラント
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山