口臭治療情報館 >> 口臭治療 >> 口臭の種類

口臭の種類

口臭の種類

ひとつめは生理的に起こる口臭で、これは誰にでも起こるものなのです。

一時的に臭いがきつくなる場合もあるようですが、自然に治まっていくものがほとんどですのでそれほど心配する必要はないのです。

誰にでもあるにおいで、起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まるのです。

これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られるためなのです。

ふたつめの原因は、病気が関係している口臭なのです。病気による口臭は、かかっている病気の種類によって、臭いが異なるという特徴があるのです。

病気が原因で口臭が起こっている場合には、それぞれの病気に対応した病院できちんとした治療を受けることで、口臭も治るのです。

歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり会話をすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まるのです。

したがって治療の必要がないのです。口臭を引き起こす病気は、口の中の病気が多いのです。

他人にもハッキリと口臭が分かる他臭症と、実際にはほとんど臭ってないのに口臭がしていると思い込んでいる自臭症があるのです。

ニンニク、ネギ、酒、タバコ等による口臭は一時的なもので、時間の経過とともに無くなるようですので治療の必要はないのです。

三つめは、食べたものが原因となって起こる口臭なのです。ねぎやにんにく、にらなどの香りの強い食べものは、食べものによる口臭の原因の代表的なものとなっているのです。

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病などが原因で口臭が起こる場合もあるようですが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、義歯の清掃不良などがあげられるのです。

治療の対象となるのです。また、コーヒーや煙草、アルコールなどの嗜好品も口臭の原因となるのです。

食べ物に由来する口臭は、体内に取り込まれた臭いのもとが、胃で消化されたあとに肺や血液から呼気として吐き出されることが原因とされているのです。

そのため、歯磨きを行っても臭いがなかなか取れにくいという特徴があるのです。

口臭には虫歯や歯周病、または糖尿病などの全身的疾患が原因で起こる病的口臭と、食べ物や精神的、体調などが原因で起こる生理的口臭に分けられるのです。

口臭治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>歯科 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>岡山 インプラント
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>予防歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>審美歯科 ホワイトニング 岡山