口臭治療情報館 >> 口臭治療 >> 病気と口臭の関係

病気と口臭の関係

病気と口臭の関係

風邪を引いて熱を出して、体調が悪いときは、免疫力が低下し、口の中の細菌が増えることによって、口臭がきつくなるのです。

口臭は、歯や口腔内の病気が原因であることが多く、歯の健康状態と密接な関係にあるのです。

とくに歯周病や歯周炎、歯槽膿漏など、歯茎の病気にかかっていると、やはり口臭もひどくなるのです。

ですから口臭予防を行うと言うことは、虫歯を含め歯の病気や口腔内のあらゆる病気を予防することであると言えるのです。

口臭と胃腸の病気の関係 胃腸の病気になると舌に垢がつく、舌苔が付着するのです。

胃腸の病気と舌苔の因果関係は深いようです。 舌苔が付着するようですので、口臭もものすごい匂いが発生するのです。

また、熱があって、汗をかいたりした場合も、体内の水分が減ったり、唾液の分泌量が減少するようですので、体調不良に寄る口臭が、発生する原因となってしまうようです。

夜更かしをして睡眠不足で、体調が悪くなった場合にも同じように口臭がするのです。正しい歯のケアとは正しい歯磨きをすることなのです。

毎日、十分近く磨いているから大丈夫。と、安心してはいけないのです。その歯磨き方法が間違っていたならば、磨き残しは意外とあるものとなっているのです。

消化器疾患患者と一般歯科受診患者を比べると消化器疾患患者の方が舌苔の付着がすごく高い値を示しているのです。

したがって、胃の病気と舌苔は、因果関係にあり、胃の病気の人は舌苔がつくので、口臭がするということが言えるのです。

このように、体調の変化と口臭は、切り離せない位深い関係なのです。

しかし、体調不良時の口臭は、自己管理ができてない場合に発生するものなので、生活習慣や風邪の予防などで、防ぐことができるのです。

歯の健康を保つためには、通常の歯磨きだけでは不十分と言えるのです。人の歯並びや歯、歯茎の形状というのは、それぞれ違っているのです。

ですから歯と歯の詰まり具合や開き具合というのも人それぞれとなっているようですので、その隙間が広ければ広いほど、細菌が蓄積しやすく、虫歯にもなりやすいとされているのです。

口臭治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>予防歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯科 岡山
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>入れ歯
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>岡山 インプラント