口臭治療情報館 >> 口臭治療 >> 口臭と食事との関係

口臭と食事との関係

口臭と食事との関係

肉類や乳製品の動物性脂肪は、体内で酸化し過酸化脂肪となり、体臭を発生させるようです。

また、動物性脂肪の多い料理は、脂肪を酸化させる活性酸素の増加にも結びついているのです。

よく噛んで、唾液の分泌を活発にすることには、他にもたくさんの健康上のメリットがあるのです。

あごの筋肉が鍛えられるし、脳を活性化させるとも考えられているのです。唾液には、発ガン性物質を抑える効果があるのではないか、という意見もあるのです。

体臭を抑えるには、日常の食生活で動物性脂肪の摂取を減らし、活性酸素をできるだけ抑えることが必要となっているのです。

現代の食事は、昔と比べて柔らかいものが増え、噛む回数が減ったと言われているのです。

よく噛んで食べることで唾液の分泌を促進させるには、意識的に、食物繊維が豊富に含まれている食材を摂るといいと思います。

口臭は、口呼吸する時に出るものですが、この時、口から胃に通じているルートは、閉鎖されて気管のみとつながっているのです。

これは解剖学的に見て、人体がそのような構造になっているからとなっているのです。

活性酸素を抑える抗酸化作用のある食物を積極的に摂取すると同時に、基本的な毎日の食事を整えていかなくてはならないのです。

繊維質の多い食品として、ごぼう、りんご、しいたけ、レタスなどが挙げられるのです。

食物繊維は、便秘によく効く成分として知られているようですが、歯にこびり付いた食べカスを、押し剥がしてくれる働きもあるのです。

また、梅干しにも、食物繊維が多く含まれているのです。

食事が関係する口臭は、例えばニンニクに含まれる臭いの物質が、血液と一緒に流れ、肺でガス交換され呼気として発せられることになるのです。

毎日の食事は、昔の日本で食べられていたような和食メニューが望ましいようです。

脂肪が少なく、植物性の食品を中心に食物繊維をたっぷりと摂取する、つまり体臭予防には和食が理想となっているのです。

梅干しは、柔らかいのでよく噛まなくても食べてしまえるようですが、梅に含まれているクエン酸が、そもそも唾液の分泌を促す作用を持っているので、口臭予防を考える時、大変有効的な食品だと言えるのです。

慌てて食べてしまう癖や良く噛まないで食べてしまう人は、食物と共に大量の空気を飲み込んでいるので、胃の蠕動運動に伴い、ゲップの形として胃からガスとして出る場合があるのです。

これは、口臭ではないので、区別されるべきだと思うのです。

口臭治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>インプラント 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>矯正 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>予防歯科
>入れ歯
>歯科 岡山