口臭治療情報館 >> 口臭治療 >> 口臭自臭症

口臭自臭症

口臭自臭症

症状が進んでしまうと、口臭が怖くて歯科医院にさえ行けないという人もいるのです。

現実に、10年以上も口臭で悩んでいるという人もたくさんいるのです。

睡眠中は、唾液の分泌が著しく低下しているため、歯周病菌や虫歯菌の繁殖がとても起こりやすくなっているのです。つまり、朝起きた時にはお口の中が細菌だらけということになるのです。

また、夜寝る前にできるだけ歯垢を取り除くことで、寝ている間の細菌の繁殖を少なくできるのです。

他臭症は、他臭症本人は自覚をしていないで周りの人達が臭いを感じてしまうのです。

他臭症の現象としては、自分に口臭があるとは思っていなく、歯石を取ってもらった事がなく、虫歯を放置している人などがいるのです。

他臭症の人に限って家族や身近な人から口臭があるから、歯医者に行って治したら?などと他人から指摘される事があるのです。

自覚できないかというと細菌によって作り出されるガスは絶え間なく発生しているのです。

日中、人と会話をするときや、緊張する場面の時など特に口臭が気になる時は、意識的に舌を動かすようにしましょう。そうすると唾液の分泌が促進され自浄作用が高まるのです。

自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌なのです。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌というのがいて、その細菌が原因とされているのです。

つまり口臭を引き起こす原因が連続して起こっているためなのです。臭覚は常に臭いが存在すると麻痺してしまい、まったく臭いを感じなくなるのです。

にんにくを食べた時に臭いを自覚できない事で容易に理解できるはずなのです。自臭症の口臭で悩んでいる人は多いようです。

睡眠時には唾液の分泌と言うのは停止してしまうのです。そのために口の中が乾燥してしまい口腔内の細菌が増殖してしまうのです。

それで朝起きると口臭を感じてしまうということなのです。

自分の口臭が気になってしかたなく、電車にも乗れない人、学校に行きたくない人、他人と会話ができない人など、通常の社会生活が困難になっている人もいるほどなのです。

自分で口臭を感じているため、それを他人に指摘されてしまうと、とても傷つくと思います。そのため、他人の態度や言動に過敏になってしまうのです。

口臭治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>歯科 岡山
>入れ歯
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>岡山 インプラント
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>予防歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山